OWNER'S DIARY

オーナーの気まぐれ旅日記

不定期更新  | 2019年

2019.6.25
北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅から縞枯れ山・茶臼岳周遊コースを歩く

早朝、自宅を出発して始発のロープウェイで山頂駅に到着。天気は上々最高の山歩きになりそうです。縞枯山を右手に木道を進む、草原の中にたたずむ、縞枯山荘過ぎた雨池峠からシラビソの樹林内の苔むした山道を登って行く。縞枯山展望台からは真っ青な空と南八ヶ岳、車山方面、南アルプスの山々など360度の展望は息をのむような絶景です。次のピーク茶臼山へ、一気に下り、昇り返して山頂に、展望台からの眺望が素晴らしい。下山は五辻を経てゴールのロープウェイ山頂駅に向かう。梅雨の晴れ間の山旅は予想通りの最高の山歩きになりました。

 

<活動時間 4時間20分 / 活動距離 5.8㎞>

北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅(2,237m) ➡ 雨池峠 ➡ 縞枯山(2,403m) ➡ 茶臼山(2,384m) ➡ 五辻 ➡ 北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅

2019.5.27・28
新緑の雲取山・七ツ石山(平将門迷走ルート)の尾根歩き

山梨県丹波村(たばやまむら)には「七ツ石山を越えて将門が逃げていった」という将門伝説があるようです。山梨県の鴨沢から七ツ石山を超え武蔵国へ、そんな迷走ルートを日本100名山の雲取山まで歩いてみました。新緑のブナ林に鮮やかな山ツツジ、山頂からの展望、七ツ石山(1757m)から雲取山(東京都最高峰2017m)の富士山を眺めながらの尾根歩きは道幅も広く時代劇に出てくる国境の街道のようでタイムスリップした感じです。

天皇陛下が皇太子の時に3度も雲取山に登られ、お泊りになった雲取山荘に宿泊しての1泊2日の山旅は天気にも恵まれ最高です。(陛下が使われた部屋には泊まれませんでした)

<ルート>

一日目  (行動時間/距離:7時間/11.2㎞・高低差:1,212m)

   小袖乗越 ~ 七ツ石小屋 ~ 七ツ石山 ~ 雲取山荘

二日目  (行動時間/距離:5時間/10.9㎞・高低差:1,260m)

   雲取山荘 ~ 雲取山 ~ ブナ坂 ~小袖乗越 

2019.3.25
山桜と富士山の絶景“沼津アルプス”を歩く

朝早く、自宅を出発して前から行ってみたいと思っていた「沼津アルプス」を穏やかな春の日差しの中を歩いてきました。可憐な山桜や富士山の眺めに足を止め、カメラのシャッターを押す。七山七峠を越えるアップダウンに富み、沼津の街並みをはじめ、伊豆や箱根、駿河湾や富士山の眺望がすばらしいロングコースでした。

行動時間:7時間40分/距離:10.6Km/累計標高1,2855m)
大平山(356m)、鷲頭山(392m)、小鷲頭山(330m)、志下山(214m)、徳倉山(256m)、横山(183m)、香貫山(193m)

2019.1.28
ラピュタのような隣山、鋸山(330m)ハイキング

強風の中、長丁場のコースを歩いてきました。

スタートはJR浜金谷駅、登山口で地元の人から別の道を教えていただき、山頂を目指す。途中の絶景ポイントからの眺めも強風のため早々に立ち去り、鋸山山頂に到着。同じ道を途中まで戻り、百尺観音から地獄のぞきへ。強風も少し収まり絶景を楽しむ。

1時間に1本しかない帰りの電車の時間を気にしながら、大仏、薬師本殿を経てJR保田駅に向かう。駅に着き荷物の整理をして一休みをしていたら、「強風のため、電車は30分遅れます」のアナウス。今年もいろんなことがありそうな予感。

2019.1.8

平成31年新春 歩き始め2座登頂

“今年はいろいろな山を歩いてみたいですね。”

巨岩の頂、鷹取山(139m)ハイキング

京浜急行神武寺駅を出発。

線路沿いの道を歩き、登山口を神武寺方面へ、ゆっくりと足の感触を確かめながら苔むした山道を登りはじめる。山門をくぐり薬師堂を参拝して尾根道に上がる。巨岩の割れ目やクサリ場過ぎ、山頂広場に出る。山頂展望台から追浜工業団地や横須賀軍港を望む。

下りは摩崖仏を経て追浜駅に向かう。

ADDRESS 神奈川県大和市下和田751-2

PHONE  046-269-6879

OPEN  9:00‐18:00(月・火 定休)

Copyright © Hair Salon ISHIl All Rights Reserved.